施設警備員が投資でセミリタイア

施設警備員をしているけーくんが投資でセミリタイアをするまでの軌跡を記録しています。

2020年の損失と利益が出た銘柄ベスト3!

こんばんは、けーくんです。

 

2020年も後少しです。

 

大きな取引はもうしないと思いますので、2020年にトレードをした銘柄で損失が大きかった銘柄と利益の大きかった銘柄をまとめてみました。

 

今年は大きな含み損があった銘柄も処分できましたし、良い1年だったのかなぁと思います。

 

早速ですが、損失銘柄と利益銘柄をそれぞれ3つまとめましたのでどうぞー!

 

 

損失が出た銘柄ベスト3

まずは大きな損失を出してしまった銘柄ベスト3です。

 

今更ですが、損失の場合はワーストな気もしますが、あまり気にしないことにしますw

 

それではどうぞー!

 

損失3位

損失の3位はダイオーズ(4653)でした。

 

購入した後にコロナショックが起こり、正直購入した金額に戻る気がしませんでした。

 

今も株価は伸び悩んでいるようなので、損切りは正解だったのかなぁと思っています。

 

銘柄自体は悪くないと思っているので、良いタイミングで買いなおしができればなぁとは考えています。

 

損失金額は126,600円になりました。

 

損失2位

損失の2位は大木ヘルスケア(3417)でした。

 

この銘柄は2年弱保有していたのですが、購入した後、大きく下落してしまって処分ができなくなってしまっていました。

 

いわゆる塩漬け銘柄ですね。

 

2020年にも損切りしましたし、実は2019年にも一部損切りをしていました。

 

2020年に一度高騰した時にも一部売ることができたので、損失を大分抑える事は出来たと思います。

 

最終的に、170,510円の損失となりました。

 

損失1位

損失の1位はぶっちぎりでこの銘柄です。

 

損失合計645,398円でした。

 

そう、今は上場廃止となりました、ライクキッズ(6065)です。

 

一時は5000株以上保有していて、少しずつ損切りをしていたのですが、ライクによるTOBの際に全株処分しました。

 

利益が出た銘柄べスト3

お次は2020年に利益を出せた銘柄ベスト3です。

 

配当金や優待は除いた売買益だけを計算しています。

 

それではどうぞー!

 

利益3位

利益3位の銘柄はグッドコムアセット(3475)でした。

 

株式分割が発表された後に急騰して、高値水準で売り抜ける事ができました。

 

100株しか持っていませんでしたが、利益としては250,100円と買値の2倍以上で売ることができました。

 

ちなみに下がったところでもう1回購入をして今は含み損となっていますw

利益2位

利益2位はアルテリアネットワークス(4423)です。

 

2019年にも一部利確をしていたのですが、2020年にも500株持ちこしをしていて、2020年の利益分として370,790円の利益を出すことができました。

 

今は保有していませんが、私が売却したところより大分下がってきているので、今もウォッチは続けている銘柄になります。

 

利益1位

利益1位は2位と僅差でしたが、IPO銘柄のクリーマ(4017)でした。

 

利益は382,815円となっています。

 

SBI証券のIPOポイントを使って購入した銘柄で300株分当選することができました。

 

 

www.yutai-haitou.com

 

まとめ

以上、損失を出してしまった銘柄と利益を出せた銘柄でした!

 

2020年の取引が終了したら最終的な収益と資産についてまとめようと思っていますが、今年はプラスで終えることが出来る可能性は高そうです。

 

今年も後1週間程ですね。

 

これ以上利益確定はしないと思いますが、来年に向けてポートフォリオの整理はしていこうと思います。