施設警備員が投資でセミリタイア

施設警備員をしているけーくんが投資でセミリタイアをするまでの軌跡を記録しています。

株価指数に投資をすることのメリット

こんにちは、けーくんです。

 

ここ1年程でしょうか。

 

株価指数に投資をするようになったのは・・・。

 

それまで個別株投資をしていて、株価指数とはあまり縁のない値動きをする銘柄に唐牛をしてきました。

 

まだその残骸(言い方w)が残っており、大きな含み損を抱えている状態ではありますが、株価指数への投資は大きなメリットがあることに気が付きました。

 

もちろん、個別銘柄にもメリットがあるのですが、株価指数に連動するETFに投資をするようになって株価指数に投資をするのはいいものだなぁと実感するようになりました。

 

今回は、私が思う株価指数に連動するETFに投資をする事のメリットを紹介したいと思います。

 

株価指数への投資

 

 

株価指数とは?

まず株価指数の定義について簡単に抜粋してみようと思います。

 

株価指数とは、

 

株価指数(かぶかしすう、英: stock market index)は、株式の相場の状況を示すために、個々の株価を一定の計算方法で総合し、数値化したものである。狭義には基準値を100または1000とした指数化されたもののみを指すが、広義には平均株価などの指数でない数値のものも含む。

(wikiより)

 

簡単に言ってしまうとある物事を数字で表そうというものですね。

 

日本株式であれば、日経平均やTOPIX、

アメリカ株式であれば、S&P500やダウ平均等、株価指数には多くの種類があります。

 

私が投資をしているVOOはS&P500に連動しているETFとして大変有名なETFになります。

 

株価指数に投資をするメリット

さて、今回の本題です。

 

株価指数に投資をするという事は、株式全体の中でこれが上がると思う指数に投資をするという事です。

 

日経平均に連動したものを購入する、TOPIXに連動したものを購入する、そして、S&P500に連動したものを購入するといったように自分がこれから先、上昇をし続けるだろうと考えるものに投資をすることになるわけですね。

 

例えば、S&P500に投資をする場合、アメリカ市場の大型株500銘柄に一気に投資をすることになるわけです。

 

このアメリカの大型株500銘柄は今はもとより、過去にも増配を繰り返し、成長を続けてきた銘柄ばかりです。

 

この銘柄達に一括で投資をできるメリットが株価指数にはあるわけですね✨

 

例えば、この500銘柄全てに投資をすることは容易ではありませんし、決算のチェックも大変な作業になることでしょう。

 

その作業全てを取っ払い、投資をすることができるのが株価指数に投資をするということなのです。

 

もちろん、個別銘柄投資にも良いところがあります。

 

ですが、株価指数に投資をすることは安定した資産形成のために欠かせない事なのではないかと思うわけです。

 

株価指数に投資をするメリットのまとめ

株価指数は対象の市場全体に投資をする事に他なりません。

 

短期的・中期的には下落をすることもあるでしょうが、これから先も上昇を続けていくであろう株価指数に投資をすることのメリットは安定した資産形成に欠かせないものだと考えます。

 

将来的に個別銘柄への投資にまた戻りたいという思いもありますが、それでも株価指数を軸にした投資を続けていく事方針はおそらく当分の間変わることはないと思います。

 

短期間で爆発的に資産を増やす為には不向きであると考えますが、長期的な視点で資産を増やしていくのであれば株価指数は強い味方になってくれると思います。

 

定期的な買い増しを続ける事で株価指数への投資を続けていければと考えています。