施設警備員が投資でセミリタイア

施設警備員をしているけーくんが投資でセミリタイアをするまでの軌跡を記録しています。

【日経平均は】日本株の下げが厳しい【まだ23,000円】

こんばんは、けーくんです。

 

コロナウイルスにはじまり、国内GDPの低下とネガティブな話題には困らない日本株です。

 

ですが、日本株の代表指標である日経平均はまだ23,000円台をキープしています。

 

私の保有株は中小小型株も多いため、日経平均の恩恵は受けにくいのですが、それでも株価全体の下落影響を受けており、資産価値が日々減っているような状況です。

 

アメリカ株投資家の中には日本株に見切りをつけて日本株のポジションを大きく減らしている人も見受けられます。

 

今回は、私が日本株について思う事を記載してみようと思います。

 

株価の下落が厳しい

 

 

私の日本株とアメリカ株のポジション量

私の場合、日本株のポジションの方がアメリカ株のポジションよりも大分大きくなっています。

 

www.yutai-haitou.com

 

ざっくりですが、日本株のポジションとアメリカ株のポジションは1:3位の比率になっています。

 

その為、この日本株の下げには大きく影響を受けており、資産の減少が激しいというのが正直なところです💦

 

たしかに良いニュースがないのは認めますが、日本に住んでいる以上、日本株の高配当株を持っておき、外国課税のないポジションを作っておくことも必要なのかなぁと思っています。

 

アメリカ株はこれからコロナウイルスの事を意識しはじめると考える

アメリカ株は現在のところ、コロナウイルスの事を考えていないと言っていい位好調な推移を続けています。

 

私はこのままの調子で上がり続けることはないと考えていて、どこかで調整を始めると思っています。(一応、1回は反応しましたが、その後は好調な推移を続けている状態です。)

 

私は今のアメリカ株の株価がコロナウイルスの事を織り込んでいないと思っています。

 

その引き金になるのがアメリカ人、又は米国本土でコロナウイルスの患者が発生した時だと考えます。

 

コロナウイルスの患者が発生した時、大きく株価は下落し、調整を始めると思うのです。

 

もちろん、そうなると決まったわけでもありませんし、そうならない可能性もあるので、ポジションを大きく減らしたりすることはありませんし、むしろ今まで通り(気持ち少ない金額の投資)で資産を増やしていこうとは思います。

 

私は日本株を買いにいきます

私はこの状況で下がった日本株を何個か購入しました。

 

配当利回りもよくなっていますし、下がった銘柄を拾っていくのは悪くない選択肢かなと思っているからです。

 

そしてこの行動がのちに良い行動だったと言えるようになってくれればいいなぁと思います。

 

ダラダラ下げられてしまうと嫌ですけどね💦

 

まとめ

私はアメリカ株の調整はこの後やってくるはずで、その引き金はアメリカ本土でのコロナウイルス感染者の発生だと思っています。

 

そして、今私がとっている行動はアメリカ株は静観、日本株を買い増しです。

 

この判断が吉なのか凶なのかは数カ月、あるいは数年先に分かることでしょう。

 

もちろん、日本株もこれ以上の下落余地が十分にあると思いますし、決して今の株価で安定だとは思っていません。

 

かといって、給料が入ってくる状態の今は現金はそれほど必要としませんので、フルインベストメントの方針を変えることなく投資を続けていこうと思っています。

 

ありがとうございました。